新入社員で転職する理由は何ですか?

 

「なんとなく就職を決めてしまって新入社員にはなったものの、なんだかイメージとは違うし、これだよかったのかな?」と思うことって結構あると思います。

 

学生時代にアルバイト等を通じていろんな仕事を経験したり、インターンシップや先輩のアドバイス等自分なりの情報収集をいくらしてみたところで、いざ新入社員として会社に入ってみるとそれまで想像していたのとは大違いということもよくあると思います。

 

いろんな人とのかかわりができて人間関係の問題を処理しなければいけないといった複雑なものから、思っていた仕事とは量も内容も違うといった場合もあると思います。

 

そのうちにどうしてもこのままでは仕事を続けることができないんではないかと思う場合も出てくると思います。

 

私も新入社員の頃には、あまりの量の多さとストレスで転職しようかと思ったこともありますし、実際に同期入社のもののなかでも転職したりする人も出てきました。

 

同じ会社以外でも学生時代の友人等で早期に転職したケースも多く見てきました。もちろん、いったん転職してしまった以上、転職しなかった場合という結果はないのですが、転職に失敗したケースとうまくいったケースがありました。

 

まず、あなたが今、転職を考えているとしたら、その原因を考えてみましょう。

 

そして、自分にできることとできないこと、我慢できることと我慢できないこと、を具体的に考えてみましょう。

 

新入社員ですから、特段社会人としてのキャリアがあるわけではないと思うので、即戦力としてすぐに転職先で役にたつこと、できることは少ないかもしれません。

 

そうすると、今度は社会人として収入を得続けていくために必要となってくることは、我慢してキャリアをつんで、何かを身につけることだと思います。それは具体的な技術かもしれませんし、営業等のように対人関係の処理能力かもしれません。

 

ですので、この「我慢できるかできないか」というのが非常に大事になってくるように思われます。

 

いっそのこと我慢できることとできないことを重点的に考えてみてもいいかもしれません。

 

私の知り合いでもどうしても長時間の電車通勤が我慢できなくて転職して例もありました。「どうしてもいやなこと」というのをはっきりさせるのも転職を成功させるひとつの考え方かもしれません。

 

 

素直になること

 

また、もう一つ、新入社員で転職を成功のコツをア。素直になることが大事です。

 

よく見栄を張って前職での経験を盛りながら転職先にアピールをしたり、新入社員であることを自分でマイナスで捉えてしまって転職先で自分を大きく見せようとする新入社員がいるようです。

 

実際に私の知人でそのような人がおりその人は結局満足のいく転職が出来ずにいました。新入社員での転職は何もマイナスなことではありません。

 

自分が新入社員でまだ社会人経験が少ないこと、仕事での実績が少ないことなどは一度素直に受け止めて転職に臨みましょう。

 

そして次に大事なのがあなたがどれだけ即戦力になれるかどうかをアピールすることです。

 

社会人経験が少なくたって仕事での実績が少なくたって前職での経験は必ず無駄にはなることはないです。

 

何を学び、どんな工夫をしてきたか、あなたのその行動で企業がどうなったかをしっかりと考えて、そこから転職先でできることをしっかりとアピールしましょう。

 

転職先のことを絡めてアピールをすることが大事です。あなたがどれだけ即戦力になるかを企業側にわかってもらいましょう。

 

このように新入社員の転職はコツを掴めば必ずいい方向に向かいます。諦めずに頑張りましょう。

 

※参考サイト:仕事を辞めたい新卒のあなたへ