新卒で転職をする際に大切な3つのこと

 

新卒が転職を考える時、様々な困難が生じると考えられます。実は私も新卒として保育園に入職して3か月目に転職を考えたことがあります。

 

そして、実際に別の保育園へ転職した経験があるので、新入社員が転職を考える時に、どのような困難が生じるのか一定思い至ることができます。

 

新卒で転職を考える時に大切になるのは、次の3点だと私は考えます。

 

@転職理由

 

まず1点目は、転職する理由をはっきりとさせることです。

 

新入社員が転職をする、すなわち職歴が浅いうちに転職するに至った経緯について、転職を希望する企業の面接担当者などから問われる可能性があります。

 

その際、しっかりと転職に至った理由を言語化できることが大切だと考えます。

 

また、転職する理由をはっきりさせることは、転職活動を進めるためのモチベーションを保つためにも必要なものになります。

 

自分自身に十分問いかけ、その理由をはっきりとさせておきましょう。

 

A情報収集

 

2点目は、いかにして効率よく転職に関する情報を集められるかという事です。転職に関する情報の集め方には、求人誌や転職セミナーなどいくつかの方法が考えられます。

 

自分に合う方法をいち早く見つけ、効率的な情報収集に努めることが大切です。

 

Bキャリアプランを考える

 

3点目は、自分自身のキャリアについて中長期的に、再考してみることが必要だと考えます。

 

転職に思い至ったという事は、自分のキャリアの分岐点に差し掛かったと言っても過言ではありません。今自分が考えている転職が有意なものになるように、しっかりと自分のキャリアについて考えてみましょう。

 

このように、新入社員が転職を考える時に、いくつかの要点を押さえておくことで、困難を避けるあるいは軽減する可能性が出て来るのではないかと私は考えています。

 

新入社員だからとあきらめずに、自分のやりたいことが見つかったならば、転職という選択肢を取ることひとつの有効な手段になるのではないでしょうか。皆さんのキャリアがより充実するといいですね。