新人看護師が転職をする際のポイント

 

病院に勤め始めたばかりの新人看護師が、転職を考えることは、なかなか難しい部分があるかと思います。

 

それは、看護師で働く為に必要な知識や経験が不足していることや、勤め始めたばかりで転職することへの後ろめたさなど、様々な要因があるでしょう。

 

私自身も看護学校卒業後、勤めた病院をわずか3カ月で退職し、他の病院に転職した経験があるので、その難しさは十分理解できます。

 

どこから情報を仕入れて、現在の職場をいかに円満退職するか頭を悩ませたものです。

 

では実際に、病院に勤め始めたばかりの新人看護師が、転職をする際にはどのようなポイントを押さえると、スムーズにいくのでしょうか。以下に、2つのポイントを挙げてまとめていくことにします。

 

まず1つ目は、自分の看護師としてのキャリアプランを、しっかりと考えることが大切になります。

 

何となく転職というのが一番NGで、自分のキャリアのなかで、意味のある転職をすることが大切になります。そのためには、目先のことだけではなく、中長期的に自身のキャリアを考えることが肝要です。

 

2つ目は、転職に関する情報収集を効率的にすることが、大切になります。求人誌や看護師の転職専門サイト、転職セミナー、看護師仲間からの紹介など、多くの方法が考えられます。

 

効率的な情報収集を実現するためには、自分に適した方法を選択するとともに、前述したような自分自身のキャリアについてしっかりと考えておくことが大切になるのです。

 

これらの他にも、病院に勤め始めたばかりの新人看護師が、スムーズな転職を実現するためには、それぞれに必要なポイントを押さえることが望ましいと考えられます。

 

近年、看護師の活躍が求められるフィールドは実に広がりを見せてきています。

 

私の場合は病院への転職でしたが、訪問看護ステーションや介護保険施設など、他の領域への転職をすることも十分に考えられるでしょう。それぞれが自分が望む転職を実現できるといいですね。